日本代表の選手が弱いのはサッカー協会にも原因

シュート

サッカーファンの多くは、世界の代表チームと比較すると日本代表の選手は弱いと考えています。これまではW杯でも良い成績を誇ってきたことから日本代表はそこまで弱くはないという意見もあるのですが、何度も試合で負け越しているその実力はかつての状態と比較すると弱いと判断されてしまっているようです。これには様々な原因があるようなのですが、原因の一つに日本のサッカー協会が関連していると言われています。


日本のサッカー協会の問題点として挙げられているのが、「決断力のなさ」や「将来性の見通しの悪さ」、そして「責任を監督に押し付ける姿勢」です。例えば日本代表のスタメンメンバーは対戦する国に合わせた構成ではなく不安定さが残っていますし、選手の育成に関してもサッカー協会全体で本腰を入れているという様子は見られないとされています。さらに結果が残せないと監督を解任するなど責任を監督の身に押し付けてしまっている様子も、サッカー協会が日本代表を弱くしているのではないかという懸念に繋がっているようです。

ドリブル

また監督の選任に関しても日本の監督ではなく海外の監督を起用している点で問題があると指摘されています。実は日本代表の選手は英会話が堪能というわけではないため、選手と監督が言葉の壁を持っていることからうまく指導できていない可能性があると言われています。このような状態を改善できない日本代表の選手にももちろん問題はあるものの、国内の監督を起用しないサッカー協会にも責任があると考えているファンは少なくありません。

このような背景から、日本代表の選手がどんどん弱くなっているのはサッカー協会にも原因があるとファンの間では考えられているのです。

Jリーグチーム 日本人監督のメリット・デメリット

強いサッカー

日本人監督のメリットとして最も大きいのはJリーグなど国内のサッカー事情を詳細に把握しやすいという事です。外国人が監督の場合、日本の文化や言葉などに慣れるのにはそれなりに時間がかかるようです。一方、日本人監督なら当然の事ながら日本の独特な文化を理解している上、通訳を介さずに選手とのコミュニケーションが密に取れる事も大きいメリットと言えるでしょう。またコミュニケーションが取れやすいのでチームの結束力が強まりやすくもなりますし、マスコミの体質もある程度把握しているのでメディアとの関係もうまく構築できるでしょう。


一方、日本人監督にはいくつかのデメリットも存在していると言えます。一つは日本は島国で、サッカーが盛んな欧州や南米からは離れているため、世界のサッカーの最新トレンドなどを十分に把握できない可能性があります。

現在はインターネットなどが発達し、昔と比べて海外のサッカー情報などが入手しやすくなっていますが、物理的な距離があるのは事実なので情報伝達が必ずしも迅速であるとは言えないでしょう。また日本人監督はJリーグを通じて監督としての経験値を積み重ねる事はできますが、欧州の主なリーグでチームの指揮をとっている外国人監督と比べると質が劣ってしまうのは否定できません。もし日本国内のチームの監督経験しかない人が代表の監督になった場合、ワールドカップで良い成績が収められるのか疑問視する人もいるのかもしれません。

さらに日本人監督は、日本らしさにこだわりすぎるあまり、客観的にチームの欠点を見抜けない可能性があります。日本らしさばかりにこだわってストロングポイントばかり強調していると、チームの改善点が見えなくなる恐れがあります。